自転車の後輪の話させてね

画像

花の加筆作業。
昨日は午前自転車に乗って市街散歩。その途中、再び後輪の異常に気付く。
スポークが折れている。ひと月前に修理したばかりなのに。
でも、こうなるかもしれないという不安はあった。修理後のこの一カ月は後輪の具合を気にしながら走っていた。一本スポークが切れれば他のスポークに負担がかかることは十分予測できる。出先で気付き、そこから10数キロの道程をスポークが一本切れた状態で走らなければならないから当然リムも変形してくる。特に安価なマウンテンバイクの部品であれば質もよろしくないのは当然。アルミ製のリムは剛性が低い。だから少しの負荷で簡単に変形してしまう。
いつもの自転車屋さんで修理を依頼。相談の結果、中古品のリムをつけ替えることに。
画像

もともとのリムの色は黒なのだが、見た目は気にしない。たまたま店にあるシルバーの同じ6段ギアのリムに付け替えてもらう。
店主さんによると新品のギアつきのリムをつけるとギアがチェーンと上手く噛みあわないことがあるそうで。中古院の少しすり減ったギアが良いのだそうだ。なるほど、そういうこともあるんだと納得。そして付け替えたリムの調整。中古品なので長いことほったらかしにしてあったらしい。リムが少しだけ歪んでいるので、スポークで調整。こういう作業を始めてみた。スポークでリムのゆがみを調整できるんだ。
すっげぇー。
修理後はギアチェンジ時のチェーンとギアの絡み具合も以前よりいい感じ。
とりあえずよかった。次回の自転車街乗り予定は月曜日。後輪を気にせず、あげぽよ気分で走れる。
ありがたや

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック