セイゴ

画像
二尾百円でセイゴを買ってきた。スケッチした後、内臓を取り出し塩を振り干していたら突風で魚が落ちてしまい一匹野良猫に取られてしまった。絵に描いたような話である。さてこのセイゴ、火であぶった後、炊き込みご飯にでもしようと思っている。

この記事へのコメント

天ちゃんのパパ
2007年02月05日 11:42
さすがですね~。
天ちゃんのパパは
この手の絵が大好きです。
炊き込みご飯ですかおいしそうですね。
心の風景
2007年02月05日 17:30
おいしかったですよ。昨夜は寒く、温かい炊き込みご飯は実においしいです。
片岡鶴太郎さんの描く魚。あんな感じの魚を描けるようになると楽しいでしょうね。奔放な筆遣いでいろんな色がちりばめられている。
まだ鶴太郎さんの絵のようにはいきませんが、少し多めに色を使っています。
心の風景
2007年02月05日 18:57
PS 惜しむらくは猫に取られた一尾。あの一件が無ければ炊き込みご飯はもっと美味しくなったはずなのでした。残念!
天ちゃんのパパ
2007年02月06日 10:43
片岡鶴太郎さんの描く絵は
あまり好きではないです。
どこかうそっぽい気がして。
山下清さんの純粋さが好きです。
猫はとても嬉しかったでしょう。
それで良しとしては如何でしょう。
心の風景
2007年02月06日 15:06
猫は喜んでいるということで良しとしましょう。
お互いに絵の好みは逆になってしまいましたね。
今日はいわしを買って来ました。一時200円近くしていた鰯も今は一尾60円で買えるようになりました。
今、描いているところです。青魚は描く対象としてとても面白いです。光の反射でいろいろな色が見えます。明日にでもUPしようと思います。

この記事へのトラックバック