敬老会名簿

敬老会の名簿をマクロで作っているところ。
自治会役員ができるだけ使いやすいように作ろうと思って、時間がかかってしまっているが、何とかなりそうでホッとしている。
ソフトはエクセルなのでそれほど難しいものではないが、クエリを使うかどうかでかなり迷ったのだが、結局マクロになった。
元のデータは自治会の「組」「氏名」「生年月日」「年齢」「出席予定」「当日出席」の項目で生年月日の古い順に並んでいる。これは年が変わったときに新しいデータを入れやすくするため。敬老会の出欠はそれらのデータを組ごとに分け、1組なら1組だけのデータを取り出すもの。このとき年齢順では大人数の組では名前を探すのに手間がかかるのであいうえお順に並べ替えて生年月日と年齢の列は隠すようにする(敬老会当日に他の人に見えないようにするため)。このとき組ごとに人数が表示されるようにすれば確認も取りやすくなる。
といろいろな条件を元に思索中。
マクロは便利だが意外と作った本人の自己満足になってしまうケースが多いので注意が必要だね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Oji
2006年10月04日 10:02
これは印刷されるのですか?
それともディスプレイで閲覧する?

印刷されるのなら、「オートフィルター」でどうでしょう
又はフィルターの設定で簡易DBになりますよ
心の風景
2006年10月05日 13:42
もちろんオートフィルターです。
扱う人が毎年変わる可能性があるので出来るだけ単純な操作でできるものをと考えて作っているんです。普通ならマクロまでやらなくてもよさそうなものですけどね。

この記事へのトラックバック