アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「風景」のブログ記事

みんなの「風景」ブログ

タイトル 日 時
杉山町 荒子付近 紙田川風景
杉山町 荒子付近 紙田川風景  身近に広がるお気に入りの風景。絵に描いてみたいと思う。しかしながらなかなか紙に描き起こすというのが難しい。素人ながら長年絵を描き続けていると生意気にも画法に囚われて、目の前に広がる風景をを見ているつもりが実は全く見ていないことが多い。  当たり前の風景が時と気分によって特別の風景に見える。こういう時にこそ絵に描きたくなる衝動に駆られるが、いざ紙を前に鉛筆を手にしたとき手が全く動かなくなってしまうのがほとんど。お気に入りの風景は何枚でも描くことに全く抵抗がないが、間を置かずに続けざまに描い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/15 16:40
心の風景
心の風景 夜半に激しく降った雨。朝からどんより曇った空は夕方になった今も暗いまま。 今日は、のんべんだらりん絵を描く。 お気に入りの風景を切り取って。 杉山町内、渥美線の踏切。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/07 16:11
憧憬
憧憬 見下ろす絶景もいいが、見上げる憧憬はさらにいい。 いい歳こいてと嗤われるが初恋にも似たところがある。 誰かが「目の前の風景を眺めていて、気がつくと自分の人生の風景を眺めている」というようなことを言っていたが、きっと私が見上げる憧憬が好きなのも、これまでの自分の人生の風景を眺めているのかもしれない。 自分の人生が憧憬として眺めるほど果たして魅力的なものなのかどうかはちょっと自分でもわからないが、面白い生き方をしているなとは思う。 ・・・でもこれは憧憬たり得ているのかどうかは、ちょっとね... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/26 09:55
想像力をを膨らませ
想像力をを膨らませ いつも通る見慣れた散歩道もお気に入りの風景というのがある。その一部を切り取って想像を膨らませ、自分だけの理想の風景を作り出すことができるのが絵の世界。この道の先にどんな風景が広がっているのかを想像するだけでワクワクしてくるものだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/23 15:01
− タイトルなし −
− タイトルなし − 淡彩スケッチ 窓。 これから仕事。 久しぶりに油絵の制作を始めたのでいろいろ忙しい。 今年の秋は深いね。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/06 07:51
見渡すのが大事
見渡すのが大事 25年前、喉に膿がたまり何も食えず、一週間入院したことがあった。退院後、まだ30歳半ばだというのに、足元がふらついて歩くことができず愕然とした。仕事に復帰するための準備として、しばらく自宅の周りを散歩することにした。 高校一年の時、引っ越してきて以来、杉山町内での行動範囲は御園第一区内の一部と杉山駅への道のり以外ほとんど知らなかった。まったくのヨソ者である。 退院後のリハビリで自宅近くの散歩は初めて見る風景ばかり。この道はどこへ行くのだろうか。あの角を曲がったら何があるのだろう。あの坂を... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/12 08:00
お気に入りの風景が身近にある
お気に入りの風景が身近にある 「アメリカン」と注文したつもりが、「アイスコーヒー」と注文してしまったらしい。花冷えのする曇天の朝、いつもの喫茶店でアイスコーヒーを飲んだら寒くなってしまった。 思っていることと口から出た言葉が噛み合わない。  ― ― ― ― ―  知原風景の魅力は、決して広くはない1キロ四方の中に、緩やかな起伏に富んだ地形にある。その中にキャベツ畑や白菜畑、トウモロコシ畑やハウス、茶畑、点在する雑木林、道端に咲く花。畑の土や畝など。朝の光と影が豊かな彩を作り出している。 時々田舎の香水が漂っていた... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/08 06:26
知原の尾根道
知原の尾根道 「え、満開なのにどうしてこんなに散ってるの?」と雨の並木を花見散歩する人たち。 満開に見えるが、足元にはおびただしい量の花びらが濡れた地面にへばりついている。 丸く房のようになって咲いていた桜の花は、雨に打たれて房の上半分が散ってしまったのだ。高いところから見下ろすとそれがよく解る。 雨に散る桜と、風に散る桜。 散り方が違うことまで意識して見たことがなかった。  - - - - -  東西南北約一キロ四方に広がる知原(ちはら)の畑地帯は、杉山町の南端に位置し、田原市六連(むつれ)... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/06 09:01
風景に馴染め
風景に馴染め 畑道、何故か一本だけ立っている古い木の電信柱。 電線が張られているわけではないので、これを電信柱と呼んでいいのかどうか分からないが、昔きっと何かの用があってここに電気を引いていたのだろうくらいの想像しかできないほどポツンと一本。 腐り止めに表面を炙って黒く焦がし、コールタールが塗られた痕がある。何十年くらい前にここに立てられたのか知らないが、少し傾きかけてはいるものの、まだ20年や30年は頑張って立っていそうな老齢ながらも逞しさを感じたりもする。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/02 08:12
久しぶりに喫茶店
久しぶりに喫茶店 昨日、散髪に行ったついでに久しぶりに喫茶店で一服。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/05 10:15
散髪にでも
散髪にでも 巡回中に頭の周りにコバエのような虫がまとわりつき、飛び回る。 まあ鬱陶しいのなんの。 虫にまとわりつかれている自分の姿を想像するとなんだか侘しい気分になる。 一日風もなく蒸した駐車場を歩いていると汗に交じって加齢臭も発散しているのだろう。 まあ、なにも匂わなくなるくらい枯れてしまうと人生の締めくくりに近くなっていると解釈すればいい。 加齢臭が出ているうちは、まだ発散するだけの生命力が溢れているのだと、自分で慰めるしかない。 1階から4階まで一回りするたびに体の汗を拭く。 これを... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/04 07:18
いよいよ新緑の季節に
いよいよ新緑の季節に 今日は早朝から冷たくて強い西風が吹き荒れています。 この地方のこの時期はよくあることですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/02 08:29
油絵版寶林寺
油絵版寶林寺 30号Fサイズの油絵版寶林寺。新しいキャンバスを買うお金がないので古い油絵をつぶしその上から描いています。どう表現しようか模索しながら進めています。山門にスポットをあてていきたいと思っています。 この作品はちょっと時間がかかりそう。 どのくらい?  わからない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/27 09:09
風景制作過程
風景制作過程 なかなか制作過程の更新ができませんでした。 久しぶりの更新。 この作品を含めて油絵制作5点。 怠けているようで決して怠けているわけではありません。 遅々として進まないのは確かですが・・・ 徐々に進めていくつもりではあります。 描き進めていくうちにイメージがどんどん変わっているのを怖がったり楽しんだりの繰り返しです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/25 11:18
杉山知原風景油絵制作下描3
杉山知原風景油絵制作下描3 1月29日の続き アクリル絵の具で下描きをした後、結局油絵の具を使って塗り重ねています。 油絵の具独特の粘りはこのような描写のときは非常に使いにくいのでかなり苦労しています。 それでもなんとか現場で見た時の感情をそのままに残そうと思っていますが、 さてこれからどうなっていくのか。葛藤が続きます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/04 10:38

トップへ | みんなの「風景」ブログ

ツイッター

雑想 心の風景 Heartscape 風景のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる